CAD入門講座 受講終了しました!(その2)

その他
スポンサーリンク

その1からの続きです。

CADについて

CADとは、建築、機械、服飾などの設計、製図などに使われるソフトのことで、いくつかのソフトがあるのですが、基本プロが使うものなのでとにかく買うと高い!月数万円のサブスクリプション形式のものから中には100万円を超えるものも!あれだけ高いと感じていたPhotoshopが安く感じてしまうほどです。。。

さすがに数ある実務の内の1つでたまに必要かも程度のものに開業前からそんなにコストをかけたくないですし、調べたところ代表的なCADソフトの1つに、無料でダウンロードでき、Mac版もある「Jw-cad」というソフトが、僕が実務で使う上では十分な機能を備えているようだということで、迷う事なく「Jw-cad」に決定しました!

受講した講座

行政書士試験の勉強の時もそうでしたが、僕は期間を決めずに本だけで独学でやろうとすると、つまづいた時にそこで止まってしまう傾向があって、web講義だったり半ば強制的にでも先に進む方が結果よかった印象があり、今回も気軽に受講できる講座がないか探してみました。

資格取得を目指すなど、プロ、その道でのキャリアアップを目指す人向けの講座が多い中で、僕の場合はあくまでも基本的な操作方法が学べればよかったので、商工会議所が主催するパソコン教室の中の「CAD入門講座」がスタンス的にも料金的にもちょうどいいと思いガイダンスを受けて受講してみることに!

受講した感想

教室はパソコン初心者を対象とした講座が多く、CAD入門はその中でも上級講座的な位置付けのようでした。1人1台パソコンが割り当てられ、それぞれ自分の受講講座をテキストとweb講義を聞きながら進めていくスタイルです。なので、みんなで同じ講座を受けている訳ではなく、分からない事は数人いる先生に質問しながら、自分のペースで進めていけます。先生もCADの専門という訳ではありませんが、テキストもありますし、特に困った事はありませんでした。

この教室ならではというか、最初の10分はタイピングの練習を必ずしなければならず、少しでもCADの学習をを進めたいのにと不満もありましたが、改めて、自分のタイピングが自己流でダメだと思い知り、早速自分のMacにもタイピングソフトを入れて練習を始めた今日この頃です(笑)

今回初めてCAD(Jw-cad)に触れたのですが、PhotoshopやIllustratorの製図版くらいの感覚でいたら、全然違ってびっくりしました!中でもドラッグ移動やドラッグで選択ができず、くせでついドラックをしてしまい、何も起きないことがしばしば。。

この講座はあくまでも入門講座で、基本的な操作を学びながら課題をこなして終了でしたが、僕的には十分な内容でした。基本がわかったので、もし分からないことがでてきた時に本やネットで調べながらできるという自信が持てました!

今後の実務で活かせる日を楽しみにしたいと思います!!