人生初のWindows!!

その他
スポンサーリンク

私は、漢字Talk7.x(これわかる人、相当ですw)の頃からMacを使い続けているApple大好き人間ですが、行政書士会に登録をして実務に関するいろいろな情報が入ってくるようになり、悩んだ結果Windows10を導入することにしました!

調べていくとMacでも出来たといった報告もありましたが、もし裏技的な方法だったりすると、うまく行かなかった時にサポートが受けられなかったり、結果、お客様に迷惑がかかってしまうので、自信を持って大丈夫と言えるもの以外は基本正攻法で、まずは新人なりに得た知識からいろいろシミュレーションしてみました。

メール等でのやり取り

当然ですが、Macでも全く問題なくできます。

Office系データのやり取り

Mac版のOfficeがあります。 ただ、これを購入しなくてもAppleにはExcelに対してNumbers、Wordに対してPages、Powerpointに対してKeynote、というようにOfficeと同じようなソフトが無料で提供されており、多少の不具合はあるものの、これらを使えばOffice系の書類を開いてチェック出来、全く同じとは行かないまでも編集ができるし、逆にOffice系の書類として書き出すこともできます。我々行政書士の業務的にはお客様との情報共有が主な目的であることを考えるとこれでまずは充分ではないかと思われます。また、こちらからデータをお渡しする際は編集可能なOffice書類をそのままお渡しするよりもPDFにしたものの方が後々のトラブル防止にも良いと思われるので、PDFに変換できれば問題ないのではと考えています。

最近知ったのですが、Microsoftアカウント(無料)を取得すればWeb版Officeが無料で使えるようですので、ネット環境があれば案外これで充分かもしれません。

会計ソフト

業務の一つに会計記帳業務といってお客様から領収書等をお預かりし帳簿を作成する仕事があるのですが、この時に使用する会計ソフトがMac版はとても少なく、選択肢が限られています。Web版といってインターネットに繋がった状態でのみ使えるものにはいくつかMac対応のもの(弥生会計オンライン、freeeなど)があるのですが、この場合サブスクリプションといって月額、年額といったコストがかかってきます。買切りのものでは現時点でWindows用の会計ソフトの方が定期的にアップデートもされていて選択肢も多いです。

CADソフト

風俗営業の許可申請にあたり、店舗の図面が必要になるのですが、その作成に使います。図面は手書きでも問題ないようですが、こういったソフトを使って美しく仕上げたいなと。行政書士の業務レベルでは無料でダウンロードできる Jw_CAD というソフトで必要十分であり、これにはMac版もあり練習の為すでにDL済。

追記:Windows10導入のため、Macを新規購入したところ、Mac版は最新MacOSには今現在未対応でした。。(涙)そのためWindows版を導入することに。

定款認証

会社設立のサポートとして会社のルールである定款(ていかん)を作成する業務があります。この定款は最終的に公証役場にて認証してもらう必要がありますが、この認証手続を公証役場にいかなくてもインターネットで申請でき、電子申請をすることでかかる費用の1部(印紙代4万円)が不要となり、お客様にとってもコスト面でメリットがあります。ただし、この電子定款認証は今のところWindowsのみ対応になっています。

電子証明書

電子証明書とは、ネットの世界における印鑑証明書のような身分証明書的な役割をするもので、上記のような電子認証、電子申請をする際に必要になってきます。そしてこの申込みも今のところWindowsのみのようです。(取得後の使用に関しては調査中です。)

まとめ

行政書士には様々な業務があり、そのうちのいくつかを専門としてされている方もたくさんいます。私もこの業務はやらないと決めてしまえばMacだけでもやれそうですが、逆にWindows導入だけで今思いつくだけでもこれだけ業務の幅が広がる事、今後広がっていくであろう電子申請等がMacに対応するのにはまだ時間がかかりそうだと考えると導入するメリットの方が大きいのではと考えました。何より今のMacには公式でWindowsをインストールできる機能があるんです!1台のMacでWindowsと切り替えて使えるって素敵ですよね?笑

MacUserの一人として、将来本当の意味でMacだけで業務ができる日が来ることを心から願っています!!