持続化給付金の給付対象が拡大されました

Works

6月29日より給付の対象が拡大され、

・今年1月〜3月に開業、創業した事業者の方

・「雑所得」や「給与所得」として収入を得ているフリーランスの方

も申請できるようになりました。

これによって、今までは対象外で申告できなかった方達も救われる形になります。

主な点としては、

今年1月〜3月に開業、創業された方の場合は、
今年4月〜12月のどこかの月で、開業〜3月までの平均月収の半額以下になった月があれば申請できます。
申請の際には税理士がチェックした書類等が必要になるようです。

「雑所得」や「給与所得」で申告している方の場合は、
その収入が「主たる収入」であることが必要で、他にもっと稼いでいる収入がある場合には申請できません。

給付額は中小法人等で最大200万円、個人事業主等で最大100万円と変わりませんが、申請の際には、必要となる書類が通常の申請+αで必要になります。


ちゃんと開業して収入があることや、「給与所得」になってますけど会社員ではありませんといったことを証明する必要がありますので、少し複雑に厳しくなっているようです。

とはいえ、これによって救われる方が増えるのはよかったと思います。

 

当オフィスでは持続化給付金の申請サポートをしております。
メールや電話等により日本全国の法人様、個人事業主様のサポートが可能です。

お気軽にご相談ください。

【リンク】マンシー行政書士事務所