東京都、時短要請延長決定

補助金・給付金
スポンサーリンク

寒いですね。。。

東京都は、新型コロナウイルス感染拡大の懸念から、
12月17日までの予定だった飲食店などへの営業時間短縮要請を、来年1月11日まで延長することを決めました。

一時停止が発表された「GoToトラベル」と終わりを揃えた形になります。

主な対象要件は17日までと同じで、

  • 東京23区、多摩地域の各市町村で酒類の提供を行う飲食店とカラオケ店を運営する中小、個人事業主が対象
  • 夜10時〜朝5時までは営業を自粛する
    または
    終日お酒を提供しない
    (この場合、夜10時以降も営業可能)
  • 「感染防止徹底宣言ステッカー」をお店に掲示する
  • 対象となる期間は、12月18日〜1月11日の25日間

上記要請に全面的に応じた事業者に対して一律100万円が支給されます。

(東京都発表の資料より)

年末ということもあって少し増額した形でしょうか。。

”一律”とあるように、25日間全て時短営業しないと対象外になると思われます。

”1日あたり4万円”という書き方をしている記事もありましたが、気を付けてほしいのは、期間の内10日間時短したから40万円とはなりません。
25日間時短で100万円、それ以外は0ですのでご注意ください。

  

協力金の申請方法等についてはまだ発表されていませんが、東京都防災ホームページを見ますと、17日までと18日からは短縮要請①と②で分けてありますので、協力金の申請も別々に申請する必要があると考えられます。

最初の分だけでも少し早くもらえるというメリットもあるかとは思いますが、せっかく協力したのに申請し忘れたということのないように、最新情報をチェックするようにしてください。

みんなで乗り切りましょう!!